HOME>オーナーからのご挨拶

オーナーからのご挨拶

くすやまホール  オーナー  楠山光彦・裕子

ご予約・お問合せ

「くすやまホール」・ホームページへようこそおいで下さいました。

〜Costa de la musica〜  海岸近くの音楽ができるところ・・・
と、スペイン語の文法も無視して、こじつけて、ホール名にするつもりでした。
が、周りからは大反対!
楠山さんちのホールだから、「くすやまホール」と、誰もが口を揃えて言いました。

客席数40席ほどの小さなホールですが、小さいからこそお客様と演奏者とが一体となって、共有できる空間だと思っています。

クラシックが敷居の高いものではなく、もっと身近なものになってほしいという願いを込めて、
このホールを作りました。どうぞ、お気軽にいらしてください。

茅ヶ崎らしく、自転車で、普段着で。そして、日々の忙しさを忘れさせてくれる、
皆さまにとって、居心地の良い場所にしていくことができればと思います。

私たちは音楽が、そして人が大好きです。
皆さまと共に音楽を楽しめること、心からお待ちしております。

このページのTOPに戻る

プロフィール

楠山光彦(ホルン奏者・指揮者)

楠山光彦(ホルン奏者・指揮者)
1968年東京芸術大学音学楽部附属音楽高等学校器楽科を経て、東京芸術大学音楽学部器楽科卒業(ホルン専攻)。
1970年まで、同オーケストラ研究部に勤務した後、ハンブルク国立音楽大学に留学。
この間、赤堀榛名氏、谷中甚作教授、ハインリッヒ・ケラー教授(ハンブルク国立フィルハーモニー管弦楽団ソロホルン奏者)に師事。
更に、ウィルヘルム・ブリュックナーリュッゲベルク教授の指揮法のクラスを受講。
1973年同大学修了。
帰国後は、オーケストラとの共演、独奏、室内楽、ソロホルン奏者として活躍中。
1986年世界的なホルンの名手ペーター・ダム氏(ドレスデン国立管弦楽団ソロホルン奏者)と共演。
指揮者として、沼津交響楽団、宮前フィルハーモニー交響楽団、静岡大学管弦楽団に客演。
1997年より、シドニーオペラハウス国際音楽祭、アメリカ、ニュージーランドなどの音楽祭で、ワークショップの指導、指揮者、審査員などを務め、2003年には、ニューヨークのカーネギーホールにて指揮をする。
現在、常葉学園大学W.S.E.指揮者、東京大学ウィンド・アンサンブル常任指揮者。
シャーンティ木管五重奏団主宰。

楠山裕子(ピアニスト)

楠山裕子(ピアニスト)
武蔵野音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業。神奈川県立音楽堂オーディション合格。
ウィーンにて、W・パンホーファー、R・ブッフビンダー両氏に師事。定期的にソロリサイタルを重ねるほか、内外の著名な演奏家との共演も多く、NHK・FM、CD録音、音楽祭、海外公演など幅広く活動を続けている。
中でも、1991年12月にはテューバのイエンス・ビョルン=ラーセン氏(ジュネーブ国際コンクール第1位)と、1998年12月には世界的ホルン奏者のペーター・ダム氏と共演し、好評を博す。
2004年には、島田章三版画展においてソロリサイタルを行う。チェンバロ奏者としても室内オーケストラとの共演などで活躍中。
ピアノを福元さざれ、霧生トシ子、ウラディミール・竹ノ内、多  美智子、A・ウェーバージンケ各氏に、チェンバロを渡邊順生氏、通奏低音を桑形亜樹子氏に師事。

このページのTOPに戻る