HOMEコンサート情報>2016年7月のコンサート

コンサート情報

くすやまホール主催のコンサート情報を掲載します。
オーナーである楠山光彦・裕子夫妻の演奏会情報なども、このページでお知らせしていきます。

ご予約・お問合せ

2016年7月のコンサート

川上貞奴没後70年・山田耕筰生誕130周年記念 〜きらめく変奏曲〜

彼…山田耕筰
「赤とんぼ」で知られる山田耕筰は数えきれないほどの作品を残しました。

彼女…川上貞奴
川上貞奴は音二郎の妻というだけでなく当時の欧米に多大な影響を与えました。

● 大正のアバンギャルド 貞奴と耕筰 ●
知っているようで知らない二人の歩みを語りで綴るとともに器楽曲を中心とした耕筰作品をご紹介させていただきます♪

童謡「赤とんぼ」は、山田耕筰が茅ヶ崎に住んでいた時に作曲されました。
川上音二郎と貞奴は、現茅ヶ崎美術館(図書館通り高砂緑地内)のあたりに住んでいた時に日本で最初のシェークスピア劇を上演しました。そして貞奴の舞台「サロメ」音楽担当を耕筰がつとめたことがあったのです。

日時
2016年7月3日(日) 14:00時&17:00開演 2回公演
出演者
語り:長谷川 由美
チェロ:安田 謙一郎
フルート:鹿児島 智子
チェンバロ/ ピアノ:楠山 裕子
曲目
■ピアノ独奏
 舞踏詩「彼と彼女」 大正3年4月

■語り 「 Kósçak et SadaYacco 物語 」
 〜チェンバロとともに
 ふたりは、別々の時期茅ヶ崎に住み、転換期を過ごしました。
 ふたりは、近代演劇と近代音楽で、出遭っていたのです。
 ふたりは、挑戦者で、冒険家で、セカイをカエタのです。

■チェロ独奏
 ロマンス 明治42年
 からたちの花 昭和3年3月

■フルート独奏
 「この道」を主題とせる変奏曲 昭和5年9月

■ピアノ独奏
 MINORI NO NAMIDA  昭和5年9月
 「青い焔(ほのお)」 大正5年
料金
大人¥3,000- 小学生以下¥1,500-(お茶菓付き)
各回40席につき要予約 チケットのご予約・お問合せ
チケットのお申込み・お問合せ

■楠山
TEL:0467-82-3102/FAX:0467-58-8414

お客様駐車場に余裕がございませんのでお車でのご来場はご遠慮下さい。

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

出演者プロフィール

安田謙一郎 Kenichiro Yasuda

安田 謙一郎 - Kenichiro Yasuda - チェロ
斉藤秀雄、ガスパール・カサド、ピエール・フルニエに師事。1965年第34回日本音楽コンクール第1位を受賞。翌年、ロストロポーヴィチ、フルニエに勧められ第3回チャイコフスキー国際コンクールを受け、第3位入賞。69年ルツェルン音楽祭合奏団のソリストとして日本、ヨーロッパ、アメリカ、カナダの演奏旅行に同行する。74年香港、サンフランシスコにて小澤征爾と共演。75年より桐朋学園で後進の指導にあたる。水戸室内管弦楽団のメンバーとして活躍。86年に結成した安田弦楽四重奏団では、80曲におよぶハイドンの弦楽四重奏曲全曲演奏、ベートーヴェン年代順室内楽作品の演奏会などのコンサート活動を続け、高い評価を得ている。日本現代音楽協会、日本音楽舞踏会議、日本・ロシア音楽家協会会員。

鹿児島 智子 Tomoko Kagoshima

鹿児島 智子 - Tomoko Kagoshima - フルート
桐朋学園大学音楽学部演奏学科フルート専攻卒業。桐朋オーケストラアカデミー修了。国際音楽祭ヤングプラハ「チェコ音楽祭の祭典」に桐朋オーケストラメンバーとして参加。かながわ学生音楽コンクール入賞。峰岸壮一、飯島和久両氏に師事。P.L グラーフ、トレバー・ワイ両氏のマスタークラス修了。現在フリーのフルート奏者として、ソロ、室内楽など演奏活動を行う他、サンリオファミリークラシックメンバーとして活動している。

長谷川 由美 Yumi Hasegawa

長谷川 由美 - Yumi Hasegawa - 語り
大学在学時に演劇をはじめ、NY アクターズスタジオトレーナー守輪氏にメソッド演技を学ぶ。市民活動としてDV被害者の手記をもとにした朗読の全国公演に参加。また、地域とつながる人物、民話、手記などを題材に、語りと音楽、朗読舞台などの演出脚本、役者として活動。ワークショップ講師、司会、ライターなどをつとめる。 毎週木曜22時ネットTV「ゆみちゃんねる」配信中。語りと音楽の会『声音&音色 湘南シレーネ』主宰。「音二郎版 正劇オセロ」「夕鶴」「アンデルセンの人魚姫」他出演多数。茅ヶ崎市文化団体協議会事務局長、音貞オッペケ祭実行委員会事務局。

楠山裕子 Yuko Kusuyama

楠山裕子(ピアノ)
武蔵野音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業。神奈川県立音楽堂オーディション合格。ウィーンにて、W・パンホーファー、R・ブッフビンダー両氏に師事。ソロリサイタルを重ねるほか、オーケストラ、吹奏楽団等と協奏曲の共演、ベートーヴェンのピアノ三重奏曲やブラームスのヴァイオリンソナタの全曲演奏を手がけるなど、数々の演奏会、NHK・FM、CD録音、音楽祭、海外公演など幅広く活動を続けている。内外の著名な演奏家との共演も多く、中でも、テューバのイエンス・ビョルン=ラーセン氏、ホルンのペーター・ダム氏、シマノフスキー弦楽四重奏団との共演は好評を博す。チェンバロ奏者としても活躍中。

このページのTOPに戻る